コラム

既読スルー常習犯の彼とうまく付き合う方法

投稿日:

私の送ったLINEが既読になっている。
つまり、彼はこのLINEを一度は、確認したという事。

・・・なのに返信がない。

そんなことってありますよね(笑)
そんな彼氏の態度、行動につい、イライラしている女性は多いのではないでしょうか。

 

更に、送ったLINE内容がデートの誘いや、何かを一緒にしようという予定の連絡であれば尚更。

今回はそんな既読スルー常習犯の彼氏をうまくコントロールし、読み取っていく方法をご紹介します!

 

既読スルーって、シカトしてるわけじゃない

多くの女子は既読スルーをされた時、あるいは1日経っても既読すらつかないなんてときは「無視されてる」と捉えがちです。
しかし、実際のところはそうでもないんです。

たとえば彼氏と面と向かって話をしているときに、何と答えていいか分からない時、言葉につまることってありますよね。

その場合、少しの沈黙が生まれますが、別に「無視している」ことにはならないでしょう。
言葉が出てこずとも、会話をしていることに変わりはないのです。

相手は、自分の問いかけた言葉に対してあなたが黙ったとしても「考え中なのかな?」と返事を待つものです。
つまり会話の中での「沈黙」も、相手からの問いかけに対するリアクションであることには変わりないのではないでしょうか。

既読スルー男子の中には、それと同じ感覚だと思って下さい。

つまり「沈黙」もリアクションのひとつであり、無視していることにはならないという理屈なんです。

もちろん、基本的には何らかのリアクションを具体的に返すほうが良いに決まってます。
面と向かって話している訳ではなく、スマホのツールを介してやり取りをしているので
「ちょっとまってね」などの一言で女子が不安になることもないのですが・・・。

つまり既読スルーは、そういう考えに欠けた行為であることは間違いありませんが
「無視」と決めつけるのも早計なのです。

 

決めつけが壁をつくる

例えば、あなたがダイエットに奮闘しているとしましょう。
そんな時に、友人からお菓子を勧められ、ダイエット中だからと断るのは悪いので、それを食べたとします。

その様子を見た別の友人から「ダイエット中に甘いものを食べるってことは、本気じゃないんだね」などと言い切られたら
まぁ、気分が悪いですよね。

そんな的外れな決めつけをされた時、わざわざひとつひとつ言い返しますか?
「あー面倒くさい」と思って、適当に流すのではないでしょうか。

このような相手の事情や、その時の状況も知らずにを決めつける行為は、相手の口を閉ざしてしまうんです。

みなさんは、既読スルーした彼氏に対して
「自分のLINEに返信をする気が無い」
「何してるの?浮気してるの?」

というふうに、彼の状況を考えずに決めつけだけで勝手に判断し、連絡がなかったことを責めたりしてないでしょうか。
もしそういう態度をとっているのなら、「会話する気がない」と壁を作っているのはあなた自身です。

 

会話のルールを把握する

相手としっかり対話・会話をするために守るべきルールは、次の2つです。

・言葉のやりとりの機会をなくすような行為はしない
・しっかりと傾聴する

大概の女性は、リアクションをしてもらえなくて、自分の悲しい気持ちや悔しい気持ちを相手伝えることを優先しがち。
自分が酷い目にあっていると思いこみ、それを彼に理不尽にぶつけているにすぎないのです。

また、売り言葉に買い言葉のような応酬はご法度です。
このような感情のぶつけ合いは話し合いのチャンスを減らし、二人の間に溝を生むだけです。

自分の言いたいことはひとまず置いておいて、先に相手の気持ちや考えをしっかり最後まで聞いて
正確に把握する努力をしましょう。それが「傾聴」です。

 

 

お互いが、歩み寄るために話し合うのが対話なのです。
自分の気持ちをわかってもらうことが「対話」ではないのです。
そこを、見誤らないよう気をつけていれば、既読スルー彼氏との関係もきっとうまくいくはずです。

-コラム

Copyright© blogxe.net , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.