コラム

相手の両親との関係、本当に大丈夫? 結婚前に確認しておくべきポイント

投稿日:

交際相手と結婚をする場合、交際中にパートナーの両親に会うことは必ずあります。

未来の義両親になるかもしれない相手の両親との関係は極力良好な関係を築きたいものです。
しかし、もしかしたらヤバいかも・・・なんて可能性が見えたとき
心のモヤッとしたことを我慢すべきなのかと悩む場合もあるでしょう。

 

結婚前に感じた心のモヤモヤは、本当に我慢すべきなのでしょうか。
もちろん、生活環境がそれぞれの家庭により様々なので、多少の価値観の違いは仕方ありませんが
それらを考慮しても、注意しなければならないコトはいくつもありますので、ご紹介します。

 

出身や出生による決めつけ

小さいことだと思われるかもしれませんが、長い間しつこく言われるといい加減うんざりするのがこの話題。

「どこの出身だから性格が~」
「都会生まれだから~」

まぁ根拠なんてないです。
血液型で人の性格を決めつけるレベルのしょうもない話です。

ですが、年配の方ってこういう話が好きな人が多いです。
九州男児だからどうとか、都会生まれだからどうとか、現代においては正直信憑性のかけらもない話です。

ですが、こういった話は会話のはじまりとしては案外おもしろいものですが
結婚後も、ずっと言われ続けるとなると話は別。

なにかミスをしたとき、相手の気に障ってしまったときなど
マイナスな場面でこういったことを言われると、以外とストレスが溜まるのです。

 

結婚後の同居や将来的な介護について

同居を求めてくる両親の場合、求めると言うよりもはやそれが当たり前といった言い方をする人も多いです。

自分たちの将来のことだから、自分たちで決めたいのに・・・。
なんて心の声が相手に伝わる事はないでしょう。

特に相手の両親が過保護な親だったりすれば尚更です。
やっぱり自分たちの傍にいてほしいという気持ちが強く、ついあなたの気持ちを無視してしまいがちな考えになります。

気持ちはわからなくもないですが、大人の男女二人が決める事ですので
親の意見に全て従う必要なんてありません。

 

また、介護についても同様です。

とくに結婚相手が一人っ子の場合は注意しましょう。
あいての両親の考え方次第ではありますが、介護をしてもらって当然と考えている場合は
まず間違いなく、あなたに相当なストレスがかかります。

 

家の財産・お金の問題について

お金の話はデリケートです。
貧乏な家に生まれた人もいれば、裕福な家庭で何不自由な育った人もいます。

そして、結婚相手とその差があればあるほど
価値観の違いは如実にあらわれてくるでしょう。

裕福な家庭の人と貧乏な家庭の人が結婚することが悪いことではありませんし
それでは幸せになれない、なんてことは決してありません。

しかし、その価値観の違いはある程度把握しておかなければ、今後付き合っていく中で
何かとストレスの原因になることは間違いないのです。

貧乏だからと後ろ向きになる必要もありませんし、自分の気持ちを大切に
思ったことは、すぐにパートナーに相談しましょうね。

 

 

結婚前に相手の家、両親に対して疑問に思った事、モヤモヤすることがあれば
臆せずパートナーに相談しておきましょう。

相手が本当にあなたの事を一番に考えているのならば、しっかりと相談にのってくれるはずです。

結婚したからといって相手の両親とまで無理やり仲良くする必要なんてないのです。
早い段階で分かり合えないと判断したのなら、距離を置けばいい話なのです。

深く考えずに、よりよい夫婦生活を営んでくださいね。

-コラム

Copyright© blogxe.net , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.